2014年12月18日木曜日

10thシングル個人PVの感想 齋藤飛鳥×今泉力哉

乃木坂46の個人PVには、歌とダンスを入れて欲しいと、前々からお願いしておりますが、運営部は、わたしの要望をガン無視(注1)しております。単なる一購読者の要望で、わたしの頭の中で思っているだけだから、知る由もないだろうけど。

(注1)能條愛未ちゃん、深川麻衣ちゃん、松村沙友理ちゃん、生田絵梨花ちゃんの個人PVは、歌は入っておりましたが、それ以外のメンバーの個人PVは、歌なし、、、

齋藤飛鳥ちゃんの10th個人PV「水色の花」も、歌もダンスも入っていなくて残念なんですけど、映像がすばらしいです。ていうか齋藤飛鳥ちゃんが美しすぎ。
とっても美しい顔立ち。

齋藤飛鳥ちゃんって、ある意味、乃木坂46で一番美しいかも。一般的に、立ち居振る舞いとか表情まで含めると、乃木坂46において白石麻衣ちゃんが、一番美しいとされているようですが(わたくし調べ)、写真にしたときの美しさなら、齋藤飛鳥ちゃんも負けてないよね、と思えるくらい美しいです。
ドキッ、としますけど危なくないシーンです。

身長154cmなのに、8頭身というのがすごいです。ていうか9頭身くらいあるの?しかも手足が超スラリで、体幹も超スラリ。しかも顔の造形が、超かわいく、すっきり整っている系。でも目がぱっちりで、このままフィギュアにしてもまったく違和感がないのではないでしょうか。

整いすぎていて、人としてのリアル感が薄れるくらい整っています。ちょっとオーバー?いえ、オーバーじゃないです。信用できない人は、本物の齋藤飛鳥ちゃんを見るべき。本物の齋藤飛鳥ちゃんは、かわいいヒトというよりフェアリーっぽい雰囲気あるからさ。
スタイル最高すぎなんですけどぉ(感涙)

ほんとさー、姿かたちが、整いすぎてませんか?ってなんか不安に思っちゃうよね。さらに、年少メンバーっていうのも、やばい要素ね。年少なのに、最高に美しいからヤバイです。社会人が、16才の高校一年生の美しさ・かわいさをアレコレ言うのって、かなりキモいって思うよねぇ。古典的な意味でヤバイよねぇ。自分でもキモいと思うから、この記事を読む人は、ゾワゾワするはず。だから書いて良いものか悩む。でも書いちゃうけど。
これはマジかわいいしぐさです

というふうに書くのにアレな点はありますが、齋藤飛鳥ちゃんの10th個人PV「水色の花」は、齋藤飛鳥ちゃんが美人すぎるので、書かざるをえないでしょう。すでに、ここまで書いてますけど。
横顔もすばらしくかわいいすぎ

お父さんが亡くなって、お父さんの役割だったお風呂掃除を、齋藤飛鳥ちゃんがしているっていうシチュエーションで、お父さんへの想いを一人語りをする個人PVです。お父さんが、亡くなったっていう背景が切なすぎます。でも語る内容そのものは、淡々としていて、お涙ちょーだいじゃないので好き。
シャンプーシーンが、なんかうれしい

しかもその事を語るボーイッシュな声が良いです。齋藤飛鳥ちゃんの声のどの特徴がボーイッシュか指摘できませんけど、きれいなボーイッシュな声で、この映像のすっきり美しい透明感を引き立たせています。この個人PVみたいに平叙文を淡々と話すと、清らかな感じでとっても美しい。(ツンデレの声も最高ですけど@NOGIBINGO!3妄想シリーズ)
引き続きシャンプーシーンが、うれしい。

それにしてもさー、この個人PVの今泉力哉監督って、美しい齋藤飛鳥ちゃんを、なんか危ない映像になる一歩手前で止めてて、あざといって言うか、うれしいって言うか、ヤバイ人じゃーないかと思うんですけど、齋藤飛鳥ちゃんの歴代の個人PVは、そんな感じに溢れているって、みなさま、ご存知ですよね。

齋藤飛鳥ちゃんって、そういう危ないパワーの美しさがあるよね。歴代の個人PVの監督がそういう映像にしちゃうのも分かるので、齋藤飛鳥ちゃんの個人PVは、しっかりした倫理観を持って見ましょうね、みなさま。ていうか、そんなふうに感じてるのは、わたしだけ?
さらに引き続きシャンプーが、うれしい

というわけで、いろいろ書いてしまいましたけど、キャプチャーした写真を見ていれば十分で、ほんとはアレコレ説明してもしょうがないですか。むしろ個人PVを見ろって書けば済むじゃん、っていう感じですが、、、
かわぅいい表情!(公式ブログ12/12より)
http://blog.nogizaka46.com/asuka.saito/2014/12/021968.php

この記事を見て、今さらですけど齋藤飛鳥ちゃんの個人PVの入っている10thシングルType Bを買う気持ちになっていただけたら良かれと思って書いてみましたよん(でも、文章はキモかった?)。

よろしかったら、クリックしてね

0 件のコメント:

コメントを投稿